ヨーコ・ヨーガスタジオ    
アーナンダブログ  
 

スタジオ外観
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  最 近 の 記 事
体と私で支え合う

アヴィアーサとヴァイラーギャ

目に見えない解剖・生理学

わたしだけの愛おしい時間

お豆がお茶になるなんて

journeyの始まり!脱『私なんて… ..

本当のお休み「体を大切にするこ ..

2020年 明けましておめでとうござ ..

自分らしく

幸福感って結局のところ…

幸せの拡張

美味しい誘惑

強化月間!そして改めての思い。 ..

女性は40歳から自律神経が乱れや ..

新物いりこ 丁寧に美味しくいただ ..

甘みを感じるどくだみ茶

日々のふわっとしたラッキーは一 ..

雷の中の瞑想&シャバーサナと ..

健康志向は偏っている?何のため ..

プチ瞑想で細胞を回復しましょう

  過 去 の 記 事
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年10月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年 8月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月

トップページ
2020年 3月6日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  目に見えない解剖・生理学
今日のベーシック・ヨガレッスンは…
〜プラーナとスシュムナー、背骨にフォーカスする〜

プラーナとスシュムナーはサンスクリット語です。
プラーナは「力」のこと。エネルギーというとイメージしやすいかもしれません。
生み出したり、変化や現象、思考を巡らせることや感情そのもの、
つまり目には見えないけれど普段でも私たちが確かに作用していると実感があるものです。

スシュムナーは脊柱の中を頭頂から会陰まで走るプラーナの通り道です。

プラーナをスムーズに通すために背骨にファーカスしたアーサナ(ポーズ)を行いました。


聞きなれない単語はここまでとして(^ワ^)
ヨーコ・ヨーガで伝えたいヨガは「YOGAは体をどのように伝えて来たのか?」です。

現代では解剖学的に効果が明らかになり認められているポーズの数々も
賢人達には「目に見えない内側の解剖・生理学」の概念があり、それらの扱い方や向き合い方を伝えて来ました。
見えないからこそ想像し、大切に扱い受け取る。

見えない内側の解剖・生理学に目を向け続けることで
「生命力」、生きる根源を高め、心身の質そのものを高めるのだと思います。

ここで注意すべき点は、それは見えない何かに期待することとは違い、確かに存在する脊柱や筋肉や血流を扱うということです。
「ハンドパワー!」とはごちゃ混ぜにしないようにしましょう。


あれもこれも・・・伝えたいことが溢れてくるけれど、まだまだ未熟者な私が
賢人達が伝えて来たYOGAを変化させることなく、これからも丁寧に慎重に伝えていく、
ヨガインストラクターは常に謙虚であるべきだと、毎日自分へ言い聞かせるのでした。

本日もレッスンへご参加くださりありがとうございました。

ヨーコ

16:03, Friday, Mar 06, 2020 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(0)


△このページの一番上へ







Powered by CGI RESCUE